文書   >   Swift   >  String   >   reduce(into:_:)


汎用インスタンスメソッド


reduce(into:_:)


与えられたクロージャを使用してシーケンスの要素を組み合わせた結果を返します。





宣言


func reduce<Result>(into initialResult: Result, _ updateAccumulatingResult: (inout Result, Character)
throws -> ()) rethrows -> Result


パラメータ


initialResult初期累積値として使用すべき値。
updateAccumulatingResultシーケンスの要素で累積値を更新するクロージャ。


戻り値


最終的な累積値。シーケンスに要素がない場合、結果は initialResult です。


議論


シーケンス全体の要素から単一の値を生成するには、reduce(into:_:) メソッドを使用します。たとえば、このメソッドを整数の配列に使用して、隣接する等しいエントリをフィルタリングしたり頻度を数えたりできます。


このメソッドは、結果がコピーオンライト型 (例えば ArrayDictionary など) の場合、効率的で reduce(_:_:) よりも好まれます。


updateAccumulatingResult クロージャは、initialResult およびシーケンスの各要素に初期化された可変累積値を使用して順次呼び出されます。この例では、文字列の文字頻度の辞書を作成する方法を示しています。


let letters = "abracadabra"
let letterCount = letters.reduce(into: [:]) { counts, letter in
    counts[letter, default: 0] += 1
}
// letterCount == ["a": 5, "b": 2, "r": 2, "c": 1, "d": 1]


letters.reduce(into:_:) が呼び出されると、以下のステップが発生します。


  1. updateAccumulatingResult クロージャは、初期累積値 (この場合は [:])と letters の最初の文字を使用して呼び出され、キー "a"1 を設定して累積値を変更します。

  2. クロージャは、更新された累積値とシーケンスの各要素を使用して繰り返し呼び出されます。

  3. シーケンスが使い果たされると、累積値が呼び出し元に返されます。

シーケンスに要素がない場合、updateAccumulatingResult は決して実行されず、initialResultreduce(into:_:) の呼び出しの結果となります。


複雑さ:O(n)、ここで n はシーケンスの長さです。



以下も見よ





文字列の文字の変換

















トップへ












トップへ












トップへ












トップへ
目次
Xcode 11 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • Xcode 10.2+
  • Framework
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • パラメータ
  • 戻り値
  • 議論
  • 以下も見よ












  • トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)