文書   >   Swift   >  String   >   randomElement(using:)


汎用インスタンスメソッド


randomElement(using:)


乱数のソースとして与えられた発生器を使用して、コレクションのランダムな要素を返します。





宣言


func randomElement<T>(using generator: inout T) -> Character? where T : RandomNumberGenerator


パラメータ


generatorランダムな要素を選ぶときに使うべき乱数発生器。


戻り値


コレクションからのランダムな要素。コレクションが空の場合、メソッドは nil を返します。


議論


カスタムの乱数発生器を使用している場合は、randomElement(using:) を呼び出して、配列または別のコレクションからランダムな要素を選択します。この例では、配列からランダムに名前を選びます。


let names = ["Zoey", "Chloe", "Amani", "Amaia"]
let randomName = names.randomElement(using: &myGenerator)!
// randomName == "Amani"


複雑さ:コレクションが RandomAccessCollection に準拠している場合は O(1)。それ以外の場合は O(n)、ここで n はコレクションの長さです。


注意:

ランダム要素を選択するために使用されるアルゴリズムは、Swift の将来のバージョンで変更される可能性があります。プログラムを実行するたびに同じ要素のシーケンスが生成される発生器を渡すと、プログラムが異なるバージョンの Swift を使用してコンパイルされたときにそのシーケンスが変わる可能性があります。


以下も見よ





文字とバイトの取得

















トップへ












トップへ












トップへ












トップへ
目次
Xcode 11 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • Xcode 10.0+
  • Framework
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • 議論
  • 以下も見よ












  • トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)