Core Foundation   >   CFPreferencesSynchronize(_:_:_:)


関数


CFPreferencesSynchronize(_:_:_:)


指定されたドメインでは、環境設定データへのすべての保留中の変更を永久記憶装置に書き込み、永久記憶装置から最新の環境設定データを読み取ります。





宣言


func CFPreferencesSynchronize(_ applicationID: CFString, _ userName: CFString, _ hostName: CFString) -> Bool


パラメータ


applicationIDその環境設定を変更したいアプリケーションの ID。Java パッケージ名 com.foosoft の形式をとります。
userName現在のユーザの環境設定を変更するには kCFPreferencesCurrentUser、それ以外の場合、全てのユーザの環境設定を変更するには kCFPreferencesAnyUser
hostName現在のホストドメインを検索するには kCFPreferencesCurrentHost、それ以外の場合、全てのホストドメインを検索するには kCFPreferencesAnyHost


戻り値


同期が成功した場合は true、エラーが発生した場合は false


議論


この関数は、より高いレベルの環境設定関数 CFPreferencesAppSynchronize(_:) の原始同期メカニズムです。更新された環境設定を永久記憶装置に書き込み、永久記憶装置から最新の環境設定を読み取ります。指定された正確なドメインのみが変更されます。"Any User" の環境設定を変更するには、root の特権 (または OS X v10.6 以前では管理者権限) が必要です。権限付与サービスプログラミングガイド を参照してください。


特定の必要がない限り、この関数を直接使用しないでください。すべての引数は NULL であってはなりません。任意のユーザー名とホスト名を使用せず、代わりにあらかじめ定義された定数を渡して下さい。





目次
Xcode 9 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDK
  • iOS 2.0+
    macOS 10.0+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • 宣言
  • パラメータ
  • 戻り値
  • 議論












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)