Core Foundation   >   CFTimeZoneCreateWithName(_:_:_:)


関数

CFTimeZoneCreateWithName(_:_:_:)


与えられた名前または省略形で識別されるタイムゾーンオブジェクトを返します。





宣言


func CFTimeZoneCreateWithName(_ allocator: CFAllocator!, _ name: CFString!, _ tryAbbrev: Bool) -> CFTimeZone!

パラメータ


allocator新しいタイムゾーンにメモリを割り当てるために使用する allocator オブジェクト。現在のデフォルトアロケータを使用するには、NULL または kCFAllocatorDefault を渡して下さい。
name取得すべきタイムゾーンの名前または省略形。例えば "EST"、"Etc/GMT-2"、"America/Argentina/Buenos_Aires"、"Europe/Monaco"、"US/Pacific"、または "posixrules" の様に、名前はシステムによりこの形式のいずれかで理解されます。システム名の完全なリストについては、CFTimeZoneCopyKnownNames() の出力を参照してください。
tryAbbrevfalse の場合、name は省略形ではなく、タイムゾーン情報ディレクトリで一致する名前が検索されます。true の場合、情報辞書を検索する前に、省略語辞書を使用して name を解決しようとします。

戻り値


name に対応するタイムゾーン、一致するものが見つからない場合は NULL。 所有権は 作成規則 に従います。





目次
Xcode 9 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDK
  • iOS 2.0+
    macOS 10.0+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • 宣言
  • パラメータ
  • 戻り値












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)