文書   >   Swift   >   Swift 標準ライブラリ   >   Collections   >   Sequence and Collection Protocols   >   BidirectionalCollection   >   reversed()


インスタンスメソッド


reversed()


コレクションの要素を逆の順序で表示するビューを返します。





宣言


func reversed() -> ReversedCollection<Self>

議論


この reverse() メソッドを呼び出すことで、その要素に新しいスペースを割り当てることなくコレクションを逆にすることができます。ReversedCollection インスタンスは、基になるコレクションを包み込み、その要素へのアクセスを逆の順序で提供します。この例では、文字列の文字を逆の順序で表示します。


let word = "Backwards"
for char in word.reversed() {
    print(char, terminator: "")
}
// Prints "sdrawkcaB"


複雑さ: O(1)

















トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)
目次
Xcode 11 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • Xcode 8.0+
  • フレームワーク
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • 議論












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)