文書   >   Swift   >   Swift 標準ライブラリ   >   Collections   >   Sequence and Collection Protocols   >   BidirectionalCollection   >   joined(separator:)


インスタンスメソッド


joined(separator:)


シーケンスの要素を連結し、各要素間に与えられた区切り記号を追加して、新しい文字列を返します。





宣言


func joined(separator: String = "") -> String

ElementString の時利用可能です。



パラメータ


separatorこのシーケンスの各要素間に挿入すべき文字列。デフォルトの区切り文字は空の文字列です。


戻り値


単一の、連結された文字列。


議論


以下の例は、文字列の配列を、単一のカンマで区切られた文字列に結合する方法を示しています。


let cast = ["Vivien", "Marlon", "Kim", "Karl"]
let list = cast.joined(separator: ", ")
print(list)
// Prints "Vivien, Marlon, Kim, Karl"

















トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)
目次
Xcode 11 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • Xcode 9.0+
  • フレームワーク
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • パラメータ
  • 戻り値
  • 議論












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)