NSMutableCopying


継承:なし

従属:なし

フレームワーク:OS X 10.0 以降の Foundation。関連項目


概要


NSMutableCopying プロトコルは、オブジェクトの変更可能なコピーを提供するためのメソッドを宣言します。"不変 対 可変" の区別を定義するクラスだけがこのプロトコルを採用すべきです。そのような区別を定義しないクラスは NSCopying を代わりに採用すべきです。


NSMutableCopying は一つのメソッド、mutableCopyWithZone: を宣言しますが、変更可能なコピーは、一般的にコンビニエンスメソッドの mutableCopy で呼び出されます。mutableCopy メソッドは、すべての NSObjects のために定義されており、単に mutableCopyWithZone: でデフォルトのゾーンと共に起動します。


サブクラスがそのスーパークラスから NSMutableCopying を継承し、追加のインスタンス変数を宣言する場合、最初にスーパークラスの実装を呼び出し、独自のインスタンス変数を適切に処理するために、サブクラスは mutableCopyWithZone: をオーバーライドしなければなりません。


タスク


コピー


- mutableCopyWithZone: 必須


受信者の可変コピーである新しいインスタンスを返します。


宣言

<< SWIFT >>

func mutableCopyWithZone(_ zone: NSZone) -> AnyObject

<< OBJECTIVE-C >>
- (id)mutableCopyWithZone:(NSZone *)zone


パラメーター

zoneこのパラメーターは無視されます。メモリゾーンは、もはや Objective-C では使用されていません。

議論

返されたオブジェクトは、それを解放する責任がある、送信者によって暗黙的に保持されます。返されたコピーは、元が可変であってもなくても変更可能です。


利用可能

OS X 10.0 以降で利用可能。


以下も見よ

– copyWithZone: (NSCopying protocol)

– mutableCopy (NSObject class)






次:文書改定履歴
目次
Xcode 10 の新機能

  • NSMutableCopying
  • 概要
  • タスク
  • コピー
  • mutableCopyWithZone:
    文書改定履歴












    トップへ(NSMutableCopying)












    トップへ(NSMutableCopying)












    トップへ(NSMutableCopying)












    トップへ(NSMutableCopying)












    トップへ(NSMutableCopying)












    トップへ(NSMutableCopying)












    トップへ(NSMutableCopying)












    トップへ(NSMutableCopying)












    トップへ(NSMutableCopying)