GLKViewDelegate


継承:なし

従属:NSObject(Protocol)

フレームワーク:iOS 5.0 以降の GLKit。関連項目




GLKViewDelegate プロトコルを実装するオブジェクトは GLKView オブジェクトのデリゲートとして設定できます。デリゲートは GLKView クラスをサブクラス化せずに GLKView オブジェクトを描画するメソッドを提供するのをアプリケーションに可能にします。


タスク


ビューのコンテンツの描画


– glkView:drawInRect: 必須


ビューのコンテンツを描画します。


宣言

<< SWIFT >>

func glkView(_ view: GLKView,
  drawInRect rect: CGRect)

<< OBJECTIVE-C >>
- (void)glkView:(GLKView *)view
     drawInRect:(CGRect)rect


パラメーター

viewその内容を再描画するように要求するビュー。
rect更新する必要のある領域を説明する長方形。

議論

このメソッドの意味は、drawRect: メソッドのものと同一です。GLKView オブジェクトは、その OpenGL ES のコンテキストを現在のコンテキストとし、OpenGL ES がレンダリングコマンドをターゲットとして、そのフレームバッファを結合します。あなたのデリゲートメソッドは、その後ビューの内容を描画する必要があります。


利用可能

iOS 5.0 以降で利用可能。





次の章
目次
Xcode 9 の新機能

  • GLKViewDelegate
  • 概要
  • タスク
  • ビューのコンテンツの描画
  • – glkView:drawInRect: 必須
    文書改定履歴












    トップへ(GLKViewDelegate)












    トップへ(GLKViewDelegate)












    トップへ(GLKViewDelegate)












    トップへ(GLKViewDelegate)












    トップへ(GLKViewDelegate)












    トップへ(GLKViewDelegate)