CAEAGLLayer


継承:CALayer : NSObject(Class)

従属:NSCoding EAGLDrawableNSObject(Protocol)CAMediaTiming

フレームワーク:iOS 2.0 以降の QuartzCore。関連項目




CAEAGLLayer クラスは iPhone アプリケーションで OpenGL コンテンツの描画をサポートしています。あなたのレンダリングで OpenGL を使用する予定がある場合、あなたのビューの layerClass クラスメソッドからそれを返すことによって、あなたのビューの背景となる層として、このクラスを使用して下さい。返された CAEAGLLayer オブジェクトは、OpenGL ES 関数呼び出しと完全に互換性がある Core Animation の表面のラッパーです。


グラフィックスコンテキストのレンダリングターゲットとして、レイヤーの関連するビューを指定する前に、drawableProperties プロパティを使用してレンダリングの属性を変更できます。このプロパティは、レンダリング表面のカラーフォーマットを構成し、表面がその内容を保持するかどうかを構成することができます。


OpenGL ES のレンダリング表面は Core Animation を使用するユーザに提示されているので、あなたがレイヤーに適用するすべての効果やアニメーションを使用すると、レンダリングする 3D コンテンツに影響を与えます。しかし、最高のパフォーマンスを得るため、以下の操作を行います。



レイヤープロパティへのアクセス


drawableProperties プロパティ


ネイティブのウィンドウ処理表面のプロパティ。


宣言

<< OBJECTIVE-C >>

@property(copy) NSDictionary *drawableProperties


議論

ウィンドウ処理表面のために、その表めんがその内容を保持しているか否か、また基礎となるカラーフォーマットを変更するには、このプロパティを使用できます。キー(および対応する値) のリストについては、(そのデフォルト値と一緒に)この dictionary に含める事ができ、EAGLDrawable プロトコルリファレンス を参照してください。





次の章
目次
Xcode 9 の新機能

  • CAEAGLLayer
  • 概観
  • タスク
  • レイヤープロパティへのアクセス
  • drawableProperties プロパティ
    文書改定履歴












    トップへ(CAEGLayer)












    トップへ(CAEGLayer)












    トップへ(CAEGLayer)












    トップへ(CAEGLayer)












    トップへ(CAEGLayer)












    トップへ(CAEGLayer)