更新履歴


マニュアルの更新履歴


以下の表は、Swift を Cocoa と Objective-C とともに使う の変更点について説明します。


日付ノート
2017-12-04
2017-09-19
2017-03-27
2016-10-27
2016-09-13
  • Swift 3.0 用に更新しました。
  • Swift Foundation オーバーレイで、ブリッジされた値型と、名前が変更された型に関する情報を Cocoa フレームワークでの作業 の章に追加しました。
  • NS_STRING_ENUM マクロと NS_EXTENSIBLE_STRING_ENUM マクロで注釈されたグローバル定数に関する情報と、CF_SWIFT_NAME マクロで注釈された関数についての情報を、C の API との相互作用 の章に追加しました。
  • #keyPath 式に関する情報を キーとキーパス 節に追加しました。
  • #selector 式に関する情報を セレクタ 節に追加しました。
  • import された Objective-C クラスと汎用パラメータ化に関する情報を 軽量級の汎用 節に追加しました。
  • Objective-C クラスのプロパティに関する情報を プロパティへのアクセス 節に追加しました。
  • ヌル可能なポインタを optional として import する方法に関する情報を ヌルポインタ 節に追加しました。
  • 安全でないポインター操作を実行する方法についての情報を ポインタの計算 節に追加しました。
  • 生の値を持つ import された C の列挙体の初期化についての注意を、列挙型 節に追加しました。
  • Option のセット 節に、0 の値を持つ import された C の列挙型の情報に関する情報の注意を追加しました。
  • Objective-C クラスが準拠できる Swift のプロトコルの宣言に関する情報を プロトコルの宣言Objective-C クラスで採用可能な Swift プロトコルを宣言 に追加しました。
  • 自動解放プール 節に 自動解放プールブロックと autoreleasepool(_:) 関数の情報を追加しました。
  • 統合ログオン 節に os_log(_:dso:log:type:_:) 関数に関する情報を追加しました。
  • Objective-C の API との相互作用 の章で、Swift が Objective-C の id 型をを Any として import する方法に関する情報を更新しました。
  • AnyHashable 型についての情報で Hash する 節を更新しました。
  • UnsafeRawPointer 型と UnsafeMutableRawPointer 型についての情報で ポインタ 節を更新しました。
  • MemoryLayout 型についての情報を データ型サイズの計算 節で更新しました。
  • 同じプロジェクトでの Swift と Objective-C の章を open および fileprivate アクセスの修飾子についての情報で更新しました。
2016-03-21
2015-10-20
2015-09-16
2015-02-23
  • Swift 1.2 用に更新しました。
  • Cocoa フレームワークでの作業 の章を、as! 演算子と Swift 1.2 のブリッジングの意味を使用して更新しました。
  • 正しく三角形を作れるように UIBeziePath の例を直しました。
2014-09-15
2014-08-04
  • Swift 1.0のさまざまな側面と、Objective-C 言語および Cocoa/Cocoa Touch フレームワークとの互換性について記述した新しいドキュメント。
  • UnsafePointerUnsafeMutablePointer に置き換えられていることを反映するために ポインタ の節を更新。ConstUnsafePointerUnsafePointer に置き換えられており、AutoreleasingUnsafePointerAutoreleasingUnsafeMutablePointer に置き換えられました。
  • NSString ** のような、point している型はブリッジされないことに注意しました。
  • Cocoa デザインパターンの採用 の章に キー値の監視 節を追加しました。
  • Objective-C の API との相互作用 の章に 動的な送出を要求 の節を追加しました。
  • @IBOutlet 属性は、もはや optional と weak でプロパティを暗黙的に宣言しません。
  • コンパイラは private メソッドおよびプロパティの @objc 属性を暗黙的に合成しないと注意しました。
  • ポインタ 節を更新し、CMutablePointerCMutableVoidPointerUnsafePointer に置き換えられており、CConstPointerCConstVoidPointerConstUnsafePointer に置換されていることを反映させました。
  • C 言語の関数ポインタは、CFunctionPointer として import されるようになったことを注意しました。
  • 言語が混在したターゲット内のアクセス制御に関する情報で 同じプロジェクトでの Swift と Objective-C の章を更新しました。
  • 新しい ArrayDictionary 型の構文を使用するためのコードのリストを変更しました。
  • DictionaryNSDictionary の間のブリッジに関する情報を追加しました。
  • コアデータの節を更新して、管理されたオブジェクトモデルを構成するための方向を含めました。




前:Objective-C から Swift への移行
目次
Xcode 10 の新機能

Swift:はじめに
Swift Programming Language
Swift Blog より

  • はじめに(Part I)
  • 基本設定
  • Swift 環境の設定
    Swift のインポートプロセスの理解
  • 相互運用性(Part II)
  • Objective-C API との相互作用
  • 初期化
  • クラスファクトリメソッドとコンビニエンスイニシャライザ
    失敗可能な初期化
    プロパティへのアクセス
    メソッドでの作業
  • id の互換性
  • Any のダウンキャスト
    動的なメソッドの参照
    認識されないセレクタと optional の連鎖
  • ヌル可能性 (Nullabity) と optionals
  • ヌル可能性のない (nonnullable) オブジェクトに Optional をブリッジする
    プロトコルで修飾されたクラス
    軽量級の汎用
    拡張機能
  • クロージャ
  • self をキャプチャする時の強い循環参照を回避する
  • オブジェクトの比較
  • Hash する
  • Swift の型の互換性
  • Objective-C で Swift インターフェースの構成
    動的な送出を要求
  • セレクタ
  • Objective-C メソッドの安全でない呼び出し
    キーとキーパス
  • Swift のクラスとプロトコルの書き方及び Objective-C の動作
  • Objective-C のクラスからの継承
  • NSCoding
    プロトコルの採用
    イニシャライザとデイニシャライザを書く
    Objective-C API で Swift クラス名を使用する
  • Interface Builder との統合
  • アウトレットとアクションを使った作業
    ライブレンダリング
  • プロパティ属性の指定
  • Strong と Weak
    読み/書き可能と読み取り専用
    コピーの意味
    コアデータ管理オブジェクトサブクラスの実装
    プロトコルの宣言
  • Cocoa フレームワークでの作業
  • Foundation
  • ブリッジ型
  • 名前の変更された型
  • 文字列

    配列
    セット
    Dictionary
  • Core Foundation
  • 再マッピングされた型
    メモリ管理オブジェクト
    管理されないオブジェクト
    統合ログオン
    Cocoa 構造体
  • Cocoa デザインパターンの採用
  • デリゲート化
    遅延した初期化
  • エラー処理
  • エラーの catch と処理
    エラーを Optional の値に変換する
    エラーを throw する
    カスタムエラーの Catch と処理
    キー値の監視
    ターゲット・アクション
    シングルトン
    Introspection(内省)
  • 連載
  • ローカライズ
    自動解放プール
    API の利用
    コマンドライン引数の処理
  • C の API との相互作用
  • 原始的な型
  • グローバル定数
  • import された定数の列挙体と構造体
  • 関数
  • 可変個引数の関数
  • 構造体
  • 型メンバとして関数を import
    列挙型
    Option のセット
    ユニオン
    ビットフィールド
    名前のない構造体と union のフィールド
  • ポインタ
  • 定数ポインタ
    可変ポインタ
    自動解放ポインタ
    関数ポインタ
    バッファポインタ
    ヌルポインタ
    ポインタの計算
    データ型サイズの計算
    1回限りの初期化
  • プリプロセッサの指令
  • 簡単なマクロ
    複雑なマクロ
    条件付きコンパイルブロック
  • うまく組み合わせる(part III)
  • 同じプロジェクトでの Swift と Objective-C
  • 「うまく組み合わせる」概観
  • 同じアプリターゲット内からコードを import
  • Objective-C から Swift への import
    Swift から Objective-C への import
  • 同じフレームワークターゲット内からコードを import
  • Objective-C から Swift への import
    Swift から Objective-C への import
    外部フレームワークの import
  • Objective-C からの Swift の使い方
  • Objective-C ヘッダでの Swift クラスまたはプロトコルの参照
    Objective-C クラスで採用可能な Swift プロトコルを宣言
    Objective-C の実装での Swift プロトコルの採用
    Objective-C から使用できる Swift のエラー型の宣言
  • Objective-C インターフェイス用に Swift 名をオーバーライド
  • クラスファクトリメソッド
    列挙型
    Objective-C 宣言を洗練する
    Swift で Objective-C インターフェイスを使用できないようにする
    Objective-C API へ利用可能性情報の追加
    プロダクトモジュールの命名
    トラブルシューティングのヒントと注意
  • 移行(Part IV)
  • Objective-C から Swift への移行
  • 移行のための Objective-C コードの準備
  • 移行プロセス
  • はじめる前に
    作業中に
    見終わったら
    トラブルシューティングのヒントと注意
  • 更新履歴
  • マニュアルの更新履歴












    トップへ(Swift を Cocoa と Objective-C と使う)












    トップへ(Swift を Cocoa と Objective-C と使う)












    トップへ(Swift を Cocoa と Objective-C と使う)












    トップへ(Swift を Cocoa と Objective-C と使う)












    トップへ(Swift を Cocoa と Objective-C と使う)












    トップへ(Swift を Cocoa と Objective-C と使う)












    トップへ(Swift を Cocoa と Objective-C と使う)












    トップへ(Swift を Cocoa と Objective-C と使う)












    トップへ(Swift を Cocoa と Objective-C と使う)