文書   >  Swift   >  String   >   init(describing:)


汎用イニシャライザ


init(describing:)


与えられた値を表す文字列を作成します。





宣言


init<Subject>(describing instance: Subject) where Subject : CustomStringConvertible, Subject : TextOutputStreamable


議論


このイニシャライザを使用して、任意の型のインスタンスを String インスタンスとしての適切な表現に変換します。イニシャライザは、そのプロトコルへの準拠性に応じて、以下のいずれかの方法で instance の文字列表現を作成します。


たとえば、このカスタムの Point 構造体は、標準ライブラリによって提供されるデフォルトの表現を使用します。


struct Point {
    let x: Int, y: Int
}

let p = Point(x: 21, y: 30)
print(String(describing: p))
// Prints "Point(x: 21, y: 30)"


description プロパティを実装することによって CustomStringConvertible への準拠を追加した後、Point は独自のカスタム表現を提供します。


extension Point: CustomStringConvertible {
    var description: String {
        return "(\(x), \(y))"
    }
}

print(String(describing: p))
// Prints "(21, 30)"


以下も見よ




他の型を文字列に変換





目次
Xcode 11 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • Xcode 10.2+

  • Framework
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • 議論
  • 以下も見よ












  • トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)