文書   >   Swift   >  String   >   uppercased()


インスタンスメソッド


uppercased()


文字列の大文字バージョンを返します。





宣言


func uppercased() -> String


戻り値


文字列の大文字のコピー。


議論


これは、文字列を大文字に変換する例です。


let cafe = "Café 🍵"
print(cafe.uppercased())
// Prints "CAFÉ 🍵"


複雑さ: O(n)



関連





プロトコルから


StringProtocol



以下も見よ





大文字と小文字間の変更

















トップへ












トップへ












トップへ












トップへ
目次
Xcode 11 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • Xcode 9.0+

  • Framework
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • 戻り値
  • 議論
  • 関連
  • 以下も見よ












  • トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)