文書   >   Swift   >  String   >   ...(_:)


演算子


...(_:)


その上限を含む、上限までの部分範囲を返します。





宣言


prefix static func ... (maximum: String) -> PartialRangeThrough<String>


パラメータ


maximum範囲の上限。


議論


Comparable プロトコルに準拠する任意の型の部分範囲を作成するには、接頭辞閉鎖範囲演算子 (prefix...) を使用します。この例では、5.0 以下の値を全て含む PartialRangeThrough<Double> インスタンスを作成します。



let throughFive = ...5.0

throughFive.contains(4.0)       // true
throughFive.contains(5.0)       // true
throughFive.contains(6.0)        // false


この型のコレクションのインデックスの部分範囲を使用して、コレクションの先頭から部分範囲の上限を含む、それまでの範囲を表すことができます。


let numbers = [10, 20, 30, 40, 50, 60, 70]
print(numbers[...3])
// Prints "[10, 20, 30, 40]"


以下も見よ





範囲式の作成

















トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)
目次
Xcode 11 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • Xcode 9.0+
  • Framework
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • パラメータ
  • 議論
  • 以下も見よ












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)