文書   >   Swift   >  String   >   prefix(through:)


インスタンスメソッド


prefix(through:)


コレクションの先頭から指定された位置までの部分シーケンスを返します。





宣言


func prefix(through position: String.Index) -> Substring


パラメータ


end結果の部分シーケンスに含めるべき最後の要素のインデックス。end は、endIndex プロパティと等しくないコレクションの有効なインデックスでなければなりません。


戻り値


end の位置までの、それを含める部分シーケンス。


議論


結果の部分シーケンスには、end の位置に要素を 含みます。以下の例では、整数の配列内で数値 40 のインデックスを検索し、そのインデックスを含むそれまでの配列の接頭辞を出力します。


let numbers = [10, 20, 30, 40, 50, 60]
if let i = numbers.firstIndex(of: 40) {
    print(numbers.prefix(through: i))
}
// Prints "[10, 20, 30, 40]"


prefix(through:) メソッドを使用することは、コレクションのサブスクリプトとして部分閉鎖範囲を使用することと同じです。サブスクリプト表記は、prefix(through:) よりも優先されます。


if let i = numbers.firstIndex(of: 40) {
    print(numbers[...i])
}
// Prints "[10, 20, 30, 40]"


複雑さ: O(1)



以下も見よ





部分文字列の取得

















トップへ












トップへ












トップへ












トップへ
目次
Xcode 11 の新機能

  • 言語:Swift
  • SDK
  • Xcode 9.0+
  • Framework
  • Swift 標準ライブラリ
  • 宣言
  • パラメータ
  • 戻り値
  • 議論
  • 以下も見よ












  • トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ演算子)