文書   >   Swift   >  Cocoa Design Patterns   >   Managing a Shared Resource Using a Singleton


記事


Managing a Shared Resource Using a Singleton
(シングルトンを使用して共有リソースの管理)


単一の、共有化されたクラスインスタンスを使用して、共有リソースへのアクセスを提供します。





概観


シングルトンを使用して、クラスのグローバルにアクセス可能な共有インスタンスを提供します。サウンドエフェクトを再生するオーディオチャネルや HTTP リクエストを行うネットワークマネージャなど、アプリ全体で共有されるリソースまたはサービスへの統合アクセスポイントを提供する方法として、独自のシングルトンを作成できます。


シングルトンの作成


静的型プロパティを使用して単純なシングルトンを作成します。このプロパティは、複数のスレッド間で同時にアクセスされた場合でも、一度だけ遅延して初期化されることが保証されています。


class Singleton {
    static let sharedInstance = Singleton()
}


初期化を超えて追加の設定を実行する必要がある場合は、クロージャの呼び出しの結果をグローバル定数に割り当てることができます。


class Singleton {
    static let sharedInstance: Singleton = {
        let instance = Singleton()
        // setup code
        return instance
    }()
}


以下も見よ





共通のパターン

















トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)












トップへ(Swift 標準ライブラリ)
目次
Xcode 11 の新機能

Swift 標準ライブラリ
  • 概観
  • 以下も見よ












  • トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)












    トップへ(Swift 標準ライブラリ)