Core Foundation   >   CFHash(_:)


関数

CFHash(_:)


ハッシュ構造でオブジェクトを識別するために使用できるコードを返します。





宣言


func CFHash(_ cf: CFTypeRef) -> CFHashCode


パラメータ


cf調べるべき CFType オブジェクト。


戻り値


cf のハッシュ値を表す CFHashCode 型の整数。


議論


2 つのオブジェクトが等しい(CFEqualCFEqual(_:_:) 関数によって決定されます) 時は、同じハッシュ値を持ちます。しかし、その反対は真ではありません。同じハッシュ値を持つ 2 つのオブジェクトは等しくないかもしれません。つまり、ハッシュ値は必ずしも一意ではありません。


オブジェクトのハッシング値は、リリースごと、またはプラットフォームごとに変更される可能性があります。





目次
Xcode 9 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDK
  • iOS 2.0+
    macOS 10.0+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • 宣言
  • パラメータ
  • 戻り値
  • 議論












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)