Core Foundation   >   CFTimeZoneGetData(_:)


関数

CFTimeZoneGetData(_:)


タイムゾーンで使用される情報を格納するデータを返します。





宣言


func CFTimeZoneGetData(_ tz: CFTimeZone!) -> CFData!


パラメータ


tz分析すべきタイムゾーン。


戻り値


tz を格納するために使用されるデータ。所有権は 作成規則 に従います。タイムゾーンにデータがない場合や、その情報として Olson データを使用している場合は NULL になります。





目次
Xcode 9 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDK
  • iOS 2.0+
    macOS 10.0+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • 宣言
  • パラメータ
  • 戻り値












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)