Core Foundation   >   CFSocketCreateWithNative(_:_:_:_:_:)


関数


CFSocketCreateWithNative(_:_:_:_:_:)


既存のネイティブソケット用の CFSocket オブジェクトを作成します。





宣言


func CFSocketCreateWithNative(_ allocator: CFAllocator!!, _ sock: CFSocketNativeHandle, _ callBackTypes: CFOptionFlags, _ callout: CFSocketCallBack!, _ context: UnsafePointer<CFSocketContext>!) -> CFSocket!


パラメータ


allocator新しいオブジェクトにメモリを割り当てるために使用するアロケータ。現在のデフォルトのアロケータを使用するには、NULL または kCFAllocatorDefault を渡して下さい。
sockCFSocket オブジェクトを作成すべきネイティブソケット。
callBackTypescallout が呼び出されるべきソケット動作型のビットごとの OR 結合。可能な動作値については、CFSocketCallBackType を参照してください。
calloutcallBackTypes で示される動作のいずれか 1 つが発生したときに呼び出す関数。
contextCFSocket オブジェクトのコンテキスト情報を保持する構造体。この関数は構造体から情報をコピーするので、context が指すメモリは関数呼び出しを超えて持続する必要はありません。NULL でもかまいません。


戻り値


新しい CFSocket オブジェクト。エラーが発生した場合は NULLsock 用の CFSocket オブジェクトがすでに存在する場合、この関数は新しいオブジェクトを作成する代わりに既存のオブジェクトを返します。この場合、context、callout、callBackTypes の各パラメータは無視されます。所有権は 作成規則 に従います。





目次
Xcode 9 の新機能

  • 言語:Swift | Objective-C
  • SDK
  • iOS 2.0+
    macOS 10.0+
    tvOS 9.0+
    watchOS 2.0+
  • 宣言
  • パラメータ
  • 議論












  • トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)












    トップへ(Core Foundation)